読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JavaScript

Async Functions (async/await) チートシート

const promise = Promise.resolve(42); async function a() { const result = await promise; console.log(result); // 42 }; a(); 戻り値を返す場合 async function は Promise オブジェクトを返す。 const promise = Promise.resolve(42); async function …

Promise チートシート

const promise = new Promise((resolve, reject) => { resolve(42); }); promise.then((v) => { console.log(v); // 42 }).catch((e) => { console.log(e); }); エラー処理 const promise = new Promise((resolve, reject) => { reject(new Error('エラーだ…

Node.js で Babel を使う

Node.js v6 は ES2015 のほとんどの機能が使えるんだけど ES Modules (import/export) や Async Functions (async/await) が使いたくなったので Babel を導入することにした。 % yarn add --dev babel-cli babel-preset-latest babel-polyfill % echo '{ "pr…

ES6 でクラス変数(static変数)

ググってもあんまり情報ない感じだった。JS よく分からない。 たぶんこうすればいいんだと思う。 // user.js class User { static add() { this.count++; } } User.count = 0; module.exports = User; // main.js const User = require('./user.js'); consol…

ES6 環境構築

インストール $ npm i webpack babel-core babel-loader babel-preset-es2015 babel-polyfill -D $ npm i babel-cli -D babel の設定ファイルを追加 $ echo '{ "presets": ["es2015"] }' > .babelrc webpack の設定ファイルを追加 // webpack.config.js modu…

Reveal.js と git subtree でスライドの作成を Hack する

git でバージョン管理ができるのは reveal.js の明確なメリットだな。プレゼンを頻繁にするなら reveal.js が良さそう。学習コスト払っても回収できる— Tsukuru Tanimichi (@ttanimichi) 2016, 1月 19 すべてのスライドをひとつの repo で管理するのが良いと…

ホスト(host)とホスト名(hostname)の違い

ホストはポート番号も含むけどホスト名はポート番号を含まない、で良さそう。 > location.host "localhost:3000" > location.hostname "localhost" RFC2616 はざっと確認したけど、両者の違いが明言されている感じではなくて、ただ、文脈的に上記のことを言…